危険な薬なのか|ネクスガードは通販で~ペットのために賢い買い物を~

ネクスガードは通販で~ペットのために賢い買い物を~

危険な薬なのか

倒れた瓶と黄色の錠剤

睡眠薬というのは、名前の通り睡眠を促すお薬となります。
しかし、服用方法を間違えるととても危険なお薬となりますので、しっかりと用法用量を守って服用することが大切です。

睡眠薬の副作用としては、ふらつきや倦怠感等が挙げられます。
しかし、眠気という副作用もあります。寝る前に睡眠薬を服用すれば、眠気という作用は副作用になりません。しかし、眠る前以外に服用する、長時間眠る時以外に服用すると、起きていなければならない時間に眠気が訪れてしまいます。
車を運転しているときに眠気という副作用が訪れた場合には、事故を起こしてしまう恐れがあります。そうなれば、命もないでしょう。
よって、睡眠薬は服用するタイミングが非常に重要です。

また、睡眠薬はアルコールとの相性が悪いです。
アルコールを摂取してしまうと睡眠薬の作用が低下してしまう、副作用が出やすいという傾向にあります。よって、睡眠薬の服用を考えている場合にはアルコールを我慢する必要があります。

副作用のリスクがあるお薬ですが、これは睡眠薬に言えることだけではありません。どんなお薬でも副作用のリスクはあります。
ただし、しっかりと用法用量守れば、副作用は抑えられますし、安心して試すことができます。
最近寝付きが悪い…、悩みやストレスがあってどうも眠れそうにない…こうした場合には、睡眠薬を試しましょう。
睡眠薬の効果が強すぎると心配という方は、少量ずつ試してみることをおすすめします。多くの薬は錠剤となっていますが、ピルカッターなどを利用してカットすれば自分の適量を見つけられます。

↑ PAGE TOP